生涯フィルダースチョイス

野球・eスポーツについていろいろ書きます

ebaseballプロリーグ第5節セ・リーグ DeNA対広島

肌を刺す冷たさを覆うお台場フジテレビでもう一つのプロリーグebaseballペナントレースが熱く躍動していた。その第五節セ・リーグを考察と感想を交えながら書いていく。

DeNA対広島

 優勝がヤクルトとなりDeNAはeCSを目指す。引き分け2回以上もしくは1勝するだけでCSが決まる

f:id:michikakeru:20200118002805j:image

 

 1勝でも勝てばいい…誰かが勝たなきゃ…そんな気負いをしたのかプレーする3人は縮こまってしまったのかもしれない

 

 悲しいが先に結果から先にいわせてもらうとDeNAは第5節一つも勝てずシーズンを終了してしまった。

 第1試合、DeNAキャプテン高羽選手対伊勢家選手。序盤から緊張が伝わる。高羽選手の打った球がナイスプレーに阻まれると3回表2アウト2塁で野間の流し打ちで伊勢家選手が先制する。さらに4回表で長野にホームランでつきはなされる。高羽選手は気持ちと集中力を高めるが伊勢家選手の冴えたナイスピッチにより完封負けをくらう。

 

 続く第2試合渡邉選手対大寺選手。これが異様な試合だった。

 

 真剣な活力ある大寺選手に対し渡邉選手自体体調が悪いのか顔色がかなり悪い。会場みんなが「おい、大丈夫か…」と…そうなる。案の定それがあたる。

 1回表ロペスのホームランで先制するがすぐ逆転される。原因はピッチングが怖かった。1回裏、2アウトとってからピッチングがほぼど真ん中にいく投球。すぐさま周りが落ち着かせようとするがナイスピッチががでない。大寺選手ストライクゾーンにやっと入った球を見逃さなかった。

 

 「ボールでいいよボールで」という三人のアドバイス、かなりフォローしている。観客のDeNAファンだけでなく他球団のファン高木豊さんまでも心配する。申し訳ない、渡邉選手に申し訳ないがこんなに胃がキリキリした試合、自分は初めてだった。現実の野球観戦でも襲ったことがない気分だった。

 

 ただ意外にも打撃がいつもより調子いい。ゲーム解説横林さんが「ボール球に手を出してないのでそこまで心配いらないのでは…」と1回の辺りで言ってくれた。もうこの言葉にすがるしかない…そんな時3回表で1点返すと4回表に代打佐野で勝ち越し2ラン。会場で拍手が沸き渡邉選手がいい空気に包み込まれる。

 

 だがその喜びが悲しみに包まれる。

 

 まだピッチングが良くない。リリースが遅いの表示

 

「そんな勝負じゃ甘いよ」赤いゴジラ大寺選手がホームランで襲い同点さらには逆転サヨナラホームランを放った。

 

 気が重くなるDeNAベンチ。こんなに勝利が遠いのか…

 

 第3試合河合選手対徳田選手 

「河合選手頼む」ここにいるDeNAファン、ネットで見ている全ての人がそう願っていたと思う。ペナントレース最後の試合、自ら志願していった6戦目。河合選手のルーティンであるタオルで顔を覆う姿がいつもより長く感じる。

 

 河合選手自体落ち着いてはいた。ただ攻撃の場面、ストレートとサークルチェンジを織り混ぜた徳田選手の配球でボールをとらえられない。2回裏1アウト2塁チャンスを作るがピッチャーゴロ併殺となり顔が歪む。「どうした…」何か暗雲がもっと黒く立ち込める。

 

 3回裏レジェンドOB鈴木尚典でヒットを放つが代走の宮本で牽制アウトになってしまう。「自分で勝たなきゃ」そんな気持ちが重圧となる。それでも自身の気を整えるためタオルで顔を必死に覆う。

 

 でも河合選手から快音が出なかった…

 

 1点1勝が遠かったDeNAベイスターズ、試合が終わり4位が確定してしまった。

 

 画面に映る中日代表の喜ぶ姿、沈黙するDeNA代表。しばらく実況槇島アナウンサーの声以外みな静まりかえり「最後まで1勝を手にいれることができなかったDeNA」その言葉が今でも私の心に刺さったままだ。

 

 インタビューとなり、徳田選手は晴れやかな顔持ちだった。一方河合選手は何かに耐えながらインタビューに答えていた。「(結果が)出ないのが全て」と暗く答えていた。

 

 瞳が潤んでいる。チームメイトである渡邉選手、大茂選手は泣き崩れていた。河合選手も泣きたい気持ちだったのに辛いのは当然なのにこらえていた。自分がDeNAのエースであるからこそ崩れたくないという姿勢を貫いた。河合選手、君がエースであってよかった。

 

 DeNA代表のebaseballは4位でeCSに終わってしまった。でも高羽選手渡邉選手河合選手大茂選手の四人はいつでもプロのベイスターズと同じチームワークでやってくれた。試合前の円陣、点が入った時には大いに喜び負けた時には涙を流しそして勝利の時々に掲げる\I☆YOKOHAMA/彼らのドラマがあったからこそ今シーズンも面白く見ることができた。本当にありがとう。お疲れ様でした。

 

 

 そして改めて48人のプレイヤー、ペナントレースお疲れ様でした。そしてeCSいけるロッテ、オリックス楽天、ヤクルト、巨人、中日の代表の方々日本一目指して頑張ってください。

 

 最後に私が一つだけ言いたいことがある。それは試合に負けた時「申し訳ない」とプレイヤーがSNSなどで発している。もう一度いうが試合に負けたからと言って謝る必要はどこにもない。プレイヤーはファンの人や関わるスタッフが考えられないくらいの熱意とゲームコントロール技術を持っている。それが思い通りにうまくいかない時さえある。できないことに自責の念にかられるけど責めないで欲しい。もっとパワプロがうまいことを誇りに思って欲しい。

 ebaseballがある喜びを強く出していこう、こんなに盛り上がるゲーム他にどこにもない。また皆さんに再び会えるの待ってるよ。