生涯フィルダースチョイス

野球・eスポーツについていろいろ書きます

eBASEBALL eドラフト会議の感想

※注意 筆者は実況パワフルプロ野球及び他のゲームやったことがありません。

    下手の横好きで書いています。読者の方々を不快にさせる可能性があります。

  9月16日(祝)東京ミッドタウン日比谷 BASE  QホールでeBASEBALL eドラフト会議が行われました。私はeドラフト会議応援レポーターにすら出席していませんが映像の見たままの感想を綴っていきます。  
e-baseball.konami.net

 今回のeドラフト会議は会場が本家のドラフトのようにセットされておりMCが関野浩之さんとシビアな雰囲気を醸し出してくれました。また今回のドラフトは候補者全員が必ずしも選ばれるわけでなく、何人かは指名漏れを受ける形となるのでより一層の緊張感がこちらからも伝わってきました。

ドラフト候補者たち

 今回のドラフト候補者たちはみな個性が強い人たちかなと感じました。映像でドラフト候補者の紹介が流れたり会議の合間に清水久嗣アナウンサーが候補者の経歴を説明していきますがみんなパワプロ以外になんでも出来過ぎだろと驚きの連続でした。プレイヤーネーム(以下PNと書きます)みかんこと新井宇輝選手は卓球の大会で日本一になったりPNはること市村槙之介選手はビジュアルバンドでギタリストでPNどぅーけんこと坂東秀憲選手は東大医学部卒の読売巨人軍と各々素晴らしい経歴を持っており、何も取りえない自分が開幕戦(11月3日が開幕です)で会うのは恐れ多いと羞恥心を持ってしまいました。

 ドラフト候補に呼ばれる人たちはゲーム以外の生活でも何かに熱心に取り組むことがプロプレーヤーに近づく道なのかと感心しました。

ドラフト会議の明暗

 まずドラフトの楽しみといったら誰がどの球団に選ばれるかということ、抽選のくじを引くことろです。eドラフト会議の特徴としてくじ引き抽選となった際、球団OBやマスコットが引くところ。今回広島OBに今月引退を発表したエルドレッドさんが来てくれました。今後は広島の駐米スカウトとして働くのでスカウト最初の仕事がeドラフト会議なのは感慨深いなあと思った反面、広島がどこかと競合しくじ引きにならなかったのは少し寂しかった面もありました。エルドレッドさんがくじ引きに参戦する姿見たかったです。

 

 盛り上がったのはPNあんちもんこと町田和隆選手が3球団競合になったこと。ロッテ・ヤクルト・阪神が第3巡目で最初に狙っていた選手をくじ引きで外し再抽選となったためこのような結果があらわれました。複数団から指名もらえるのは嬉しいし町田選手は一生の自慢になるでしょう。

 

 一方でドラフト候補者がいる部屋には異様な雰囲気が出てしまったのかな、ギズギズしているなと不安を抱いてしまいました。

 部屋ではドラフトで指名された選手に対して拍手が起こります。一巡目の人が選ばれた人に対しては「おめでとう」のファンファーレのように聞こえますが、三巡目の拍手は何か形を繕っているように見えて「なぜ自分は指名されないんだ」という気持ちがこちらから伝わってきそうな映像でした。また指名された選手も周りに気を遣ってかあまり大いに喜ばないので、選ばれた側と選ばれなかった側両方辛い思いをするなと胸を痛めてしまうシーンでした。今回埼玉西武ライオンズ代表になったPNマエピーこと前田恭兵選手がブログで「精神的にしんどい」と仰ったのが納得がいきます。何かここでのやり方を少し変えてほしいかなと感じてしました。

来期への戦いはもう始まっている? 

 今年のeドラフト会議の趣が面白いのは、継続契約選手がドラフト会議に出席し選手の意向で代表を選ぶところでした。例えば、埼玉西武ライオンズ四巡目指名でPNどいやこと大上拓海選手が選ばれましたが、その理由としてPNミリオンこと神谷将徳選手が「打撃が上手でカーソルを合わせるのがうまい」と説明していました。ドラフト会議の前にプロの方々にどれくらい自分のプレースタイルを見せることができるかも評価の一つと考えました。つまり、プロの選手=スカウトの目も果たしていると考えさせられます。すると、今まさに来期のプロリーグへの戦いはもう始まっているのではと思ってしまいました。

 来年がやれるかどうかわかりませんが来年またプロ目指す人に対してはプロになるためのヒントがゴロゴロあふれていると考えたくなるそんな会議にも見えました。

 

 以上でeBASEBALL eドラフト会議の感想です。見てくださった方ありがとうございました。