生涯フィルダースチョイス

野球・eスポーツについていろいろ書きます

eBASEBALL プロリーグ 2019の展望

※【注意】当記事は個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

 eスポーツに関する記事は何を書けばいいのだろうか…体調が変動しやすい悩む時期、約3週間前に行われたeBASEBALLプロリーグ2019の始動は心再び沸き立ちました。

 で、あんた誰だよと思われる方もいるかもしれませんが実は昨年から開催されたeBASEBALLにはまったミチカケルと申します。

 まず初めに私はゲーム機というものをあまり触れた事がありません。使ったことがあるのはゲームボーイWii FItしか使用した憶えがありません。もちろん「実況パワフルプロ野球」もプレーしたことがありません。そのため、ゲームほぼ未経験であるためゲーム及びeスポーツの記事は無礼を承知の上で書かせていただきます。

 

 そもそもeBASEBALLに興味を持ったのは昨年横浜DeNAベイスターズがBクラスでシーズンが終了し(筆者はベイスターズファンです)、暇を持て余した時にベースボールキングのニュースで「eBASEBALLパワプロプロリーグ(昨年の呼び方)」を知りました。野球ファンである自身がパワプロの試合を見て楽しさや感動を味わえました。

 今から発する記事はeBASEBALLプロリーグ2019年シーズンの見る側の一つの考察、個人的な思いです。内容に関してはフリーアナウンサーの清水久嗣さんやゲームライターの砂拭さんのものに近いかもしれません。失礼します。この記事が少しでも見てくれれば幸いです。

 

eBASEBALLプロリーグの変更点と個人的な感想

 6月10日にeBASEBALLプロリーグの2019年シーズンの発表会が行われました。ではeBASEBALLプロリーグのことを知らない方に説明しますと

「eBASEBALL プロリーグ」は、「実況パワフルプロ野球」を使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント共催のプロ野球eスポーツリーグです。
プロ野球12球団が実際のプロ野球同様にセ・リーグとパ・リーグに分かれ、日本一の座をかけて争います。

引用元:

プロ野球 eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」公式サイト

  昨年は、大いに盛り上がったと思います。その影響を受け、今年からルールがバージョンアップされました。2019年シーズンの変更点を見ると

    • チーム登録数が3人→4人
    • セ・パe交流戦の開催
    • レジェンドOB選手の起用
    • イニング数が6イニング延長9イニングまで→5イニングで延長なし
    • 遠征がある(広島開催が決定済)

    等の変更点があります。詳細については公式ホームページを見てください。 

 

 ここで気になったのは遠征という点です。遠征が開催されることは地方出身者の身としてはとてもありがたいことです。遠方からネットで見ている人たちからすれば地元で現役のプレイヤーに会えることは、とても嬉しいことではないでしょうか。すでに広島開催が決まっており違う方面にも開催にも期待がかかります。(北陸の開催は可能性薄いかもしれませんが…)

 なるべく遠征での開催は収容人数が多いところで行われてほしいです。実は今年1月に行われたe日本シリーズを現地観戦しており、会場となったTFTホールは多くの人がいました。筆者は立ち見でそのゲームを見ていましたが会場に観戦者がごった返して中で見たくても見れないという人たちがおり悲しい現実を見ました。会場では観戦者が間近で見られる空間であってほしいです。

 またプレイヤーの体調面のことを考えるとステージとトイレがなるべく近いところにある方がよろしいかと思います。昨年行われたコナミホールと違い一味違った環境であるのでプレッシャーやストレスがかかりやすいのでしょう。

 

 もう一つ気になる点としてeBASEBALLプロリーグを楽しく見るために解説者の存在が重要ではないかと思います。

 パワプロのゲームを引き立てる存在が解説者の役目です。おそらく発表会に出席してくれた真中満さんや駒田徳広さんは解説者として出ますが、個人的には福岡ソフトバンクホークス広報担当の江尻慎太郎さんのような方にやってほしいです。江尻さんは昨年のパワプロプロリーグの解説者として何度も出演していました。江尻さんは現実のプロ野球と絡ませて話したり、プレイヤーを現役のプロ野球選手と同じように見てプレーに対しコメントしてくれるところは素晴らしかったです。解説者がプレイヤーの姿勢をしっかり見てくれる人や場を盛り上げる人がいてほしいです。(プロ野球の解説者とはまた別にプレイヤーズ解説者という方々もいますが詳しく把握していないので割愛します、すいません)

 以上が筆者の気になる点です。ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

 最後に失礼な発言になりますがeBASEBALL及びパワプロに対する認知についてはまだ低いのではと感じています。SNSを見た限りでは野球ファンの中にはeBASEBALLのことに興味をまだ持っていなかったり快く思っていないという方もいます。その分根拠がありませんがeBASEBALLが盛り上げられる余地はまだあるのではと漠然ながら期待しています。継続された選手の皆さんこれからプロのプレイヤーを目指す方々そして全てのeBASEBALLプロリーグに関わる人が野球を盛り上げる一つの核になることを願っております。